新着情報NEWS

2020.11.24

SOTATEKがベトナム文部科学省と提携を結び、ブロックチェーン上で国家資格証明(NQA)システムを実装

 

ベトナム文部科学省(MOET)では、国家資格だけで150万件の卒業証明書を発行しているが、それらの記録と追跡は非常に困難である。

 

この問題を認識した上、MOETは先進技術を活用し国家資格の管理と資格の証明の透明化する意思を明らかになった。SotaTek JSC並びに株式会社SOTATEK JAPAN(以降はSOTATEKをいう)とTomoChainは、同省が発行したすべての資格証明書とを安全に保護及び記録するブロックチェーンシステムを開発するために共同名義で契約を正式に締結した。

 

SOTATEK は、公式請負業者として、MOETが発行したすべての証明書をブロックチェーン上で記録及び保護し、国家資格アーカイブ(National Qualifications Archive – NQAと呼ばれるシステムの企画から、開発、運用までを受注する。

 

NAQは、ブロックチェーン技術を採用したベトナム政府機関初のプロジェクトとなる。今後は国内の各専門学校や国立・私立大学、そして外国語教育機関を対象に、全ての資格証明記録を保存し、公式にアクセスできる目標とし、2021年から順次に全国で実施される予定である。MOETが管理している全ての学習レベルで全国凡そ2200万人を対象となる。

 

試験運用が成功した後、過年度の資格証明書もNQA上で管理し、、MOETの直属機関よって付与された資格証明書を全て対象に拡張される予定である。

グエン・バン・フック文部科学省副大臣は、このプロジェクトへの信念をこう表明した。

 

社会全体と政府機関の革新の強い精神により、テクノロジー4.0の応用は今後の発展を促進するものと期待している。文部科学省もこの傾向から外れておらず、学校から省庁まで多くのテクノロジー4.0のアプリケーションを使用し、最先端技術の適用することにより、現社会の問題をより速くより効果的に解決していきたい。資格証明書の管理は、教育分野だけでなく社会全体にとっても重要であるため、迅速に仕組みの開発を指示した。

 

SOTATEKとMOETが開発するブロックチェーンシステムは、国家資格証明書に関する全てのデータの記録することで、偽資格証明書等といった不正行為の防止することを期待している。

SOTATEKは、ベトナムのガバナンスシステムにブロックチェーン技術を適用するこの先端的なプロジェクトにおいて、MOETの独占パートナーであることを光栄にそして誇りに思っている。

 

SOTATEKは世界中の企業様にブロックチェーンソリューションを提供しており、ブロックチェーン技術の専門性と技術力は非常に評価されている。SOTATEKとMOETの協力は政府システムにおけるテクノロジーのさらなる発展のための基礎を築くことになると確信している。

 

【会社概要】

会社名   :株式会社SOTATEK JAPAN( https://sotatek.jp
所在地   :東京都中央区銀座7-17-14 松岡銀七ビル4F
お問い合わせ:support@sotatek.com  (担当:ダニエル)