新着情報

NEWS
           

更新日:2022年05月19日

モバイルアプリ開発プロセス:知っておくべき重要な5フェーズ

Mobile App Development Process: 5 Key Phases To Know

デジタルの世界では、小売、eコマース、ヘルスケア、教育など、さまざまな業界の企業が、自社の業務や顧客にサービスを提供するために、独自のモバイルアプリを構築する必要があります。App Annie 2017-2022 Forecastによると、全世界のアプリのダウンロード数は、2022年には2,500億件以上に増加すると予想されています。そのため、多くの企業がこの作業を完了するようにITアウトソーシングパートナーを探しています。開発者がすべての工程を担当し、フルサイクルのサービスを提供するとはいえ、経営者の中にはモバイルアプリ開発の全体的なプロセスを知りたいと考える人もいるだろう。モバイルアプリ開発プロセスとは何か」「モバイルアプリ開発を始めるにはどうすればよいのか」などの質問があるかもしれません。”.モバイルアプリ開発のプロセスにおける重要な5フェーズについて詳しく知りたい方は、このまま読み進めてください。

1. モバイルアプリ開発全体プロセスの分析と計画

お客様のご要望をお聞きした後、モバイルアプリ開発チームは、戦略と計画を明確にするためにさらに話合いを行います。これはモバイルアプリ開発プロセスにおいて重要なステップであり、エンドユーザーのニーズや目標を理解し、そのアイデアを実現できるかどうかを確認するためのものです。また、モバイルアプリの要件に優先順位をつけ、それを実現するためのマイルストーンにまとめるなど、製品のロードマップを作成します。 

計画段階では、アウトソーシングチームは、そのプロジェクトを完成させるために必要なスキルを把握します。具体的には、顧客がiOSプラットフォームを要求した場合、チームはObjective-CとSwiftに精通したiOS開発者で構成されなければなりません。Androidアプリ開発も同様です。さらに、モバイルアプリの名前も最初のステップで確認します。可能であればすべてのアプリストアで自分たちが持っているアプリの名前が使われていないかどうかを確認します。

The Mobile App Developer Team has a discussion to clarify the strategy and plan

モバイルアプリ開発チームでは、戦略や計画を明確にするための話合いを行います。

2. UI/ UXデザイン

最近のデジタル利用者は、美しいアプリを求めるだけでなく、スムーズに動作し、ユーザーフレンドリーであるモバイルアプリを求めています。そのため、UX(アプリがどのように動作するか)とUI(どのように見えるか)は、モバイルアプリ開発プロセスにおける重要な要素です。このステップには、ユーザージャーニーマップ、ワイヤーフレームとプロトタイプ、スタイルガイド、モックアップなどの作成が含まれます。

+ ユーザージャーニーマップ:ユーザージャーニーマップとは、アプリのデータや情報がユーザーにどのように表示されるか、また、お客様がどのようにアプリを操作するかを視覚化したものです。詳細なワークフロー図があれば、モバイルアプリ開発チームは、アプリ内で実現可能なすべてのユーザーインタラクションとそのナビゲーション構造を見つけ出すことができ、迷うことなく当初の目標を達成することができます。

+ ワイヤーフレームとプロトタイプ:ワイヤーフレームは、ローフィデリティ・モックアップとも呼ばれ、アプリケーションの画面を実際に見た時の状態で表現するために作成されます。デザイナーは、製品を構成する要素の構造、階層、関係性をレイアウトします。このようなワイヤーフレームは、クリッカブル・プロトタイプ(モバイルアプリの動的かつインタラクティブなモデル)の構築に使用されます。

+ スタイルガイド:テキストフォント、カラーパターン、モーションデザインなど、モバイルアプリのビジュアルに関わるすべてのものが、このフェーズのモックアップになります。 

+ モックアップ:モックアップは、アプリのワイヤーフレームとスタイルガイドを組み合わせて作成される、ハイフィデリティデザインと呼ばれるものです。 

3. アプリ開発

アプリ開発のライフサイクルの中で、最も活発なフェーズと言われています。モバイルアプリの開発を開始する前に、チームは技術的なアーキテクチャー、テクノロジースタック、その他の必要な情報を再定義する必要があります。その後、開発フェーズが正式に開始されます。通常、バックエンド・サーバー技術、API、モバイルアプリのフロントエンドの3つの部分を構築する必要があります。

+ バックエンド・サーバー技術:このセクションには、アプリの機能をサポートするために必要なデータベースとサーバーサイドのコンポーネントが含まれます。モバイルアプリプロバイダは、既存のバックエンドフレームワークを利用することができますが、望んでいるモバイル機能に合わせて少し変更する必要があります。

+ API:アプリとバックエンドのサーバーやクラウドストレージとの間を接続するために、APIを作成する必要があります。

+ モバイルアプリのフロントエンド:このフェーズでは、ユーザーが操作するソフトウェアのグラフィカルな部分をコーディングします。開発者は、オペレーティングシステムのプラットフォームに適したあらゆるプログラミング言語を使用することができます。

4. モバイルアプリ開発プロセスにおける試験と品質保証

モバイルアプリケーションを構築する際には、その信頼性、有用性、安全性を確保するために、徹底したソフトウェア品質保証試験が必要です。高品質なモビリティソリューションを提供するためには、ユーザー体験試験、機能試験、性能試験、セキュリティ試験、そしてデバイス及びプラットフォームの試験を実施する必要があります。

実際、最近のカスタムソフトウェア開発会社では、プロジェクトをいくつかのフェーズに分けて管理するアジャイル手法を採用しているところがほとんどです。つまり、モックアップや開発の過程で発生したバグやエラーは、QAを後回しにすることなく、すぐに修正することができるのです。そうすれば、将来発生するトラブル及び予算を減らすことができます。

      関連記事モバイルアプリ開発コストの詳細ガイド

5. デプロイメントとメンテナンス

開発と試験を入念に行った後は、いよいよネイティブアプリをGoogle PlayやApp Storeで公開する時です。各プラットフォームの要件に応じて、アプリの名前、アイコン、説明、キーワード、プライバシーポリシーなど、いくつかの関連情報を添えてアプリを提出する必要があります。このようなプラットフォームでは、モバイルアプリがそのルールに準拠しているかどうかをテストする必要があるため、提出プロセスが終了したら、一般に公開するまで数日待つ必要があります。 

After developing and testing carefully, it’s time to publish on the Google Play or App Store

慎重に開発と試験を行った後、いよいよGoogle PlayやApp Storeに公開します。

アプリがプラットフォーム上で利用可能になった後、企業やブランドは定期的に確認し、利用者からのフィードバックを受け取る必要があります。もし、バグがあったり、モニターかつアップデートが必要になったりした場合は、お気軽にソフトウェア・プロバイダーにお問い合わせください。魅力的なアプリであり続けるために、変化する市場環境や利用者のフィードバックに適応するように改善のお手伝いをさせていただきます。

6. まとめ:SotaTek JSCで慈雲のモバイルアプリ開発を始めよう

ソフトウェア開発の初期段階から開発後まで一貫してサービスを提供してくれるトップソフトウェアアウトソーシング会社をお探しなら、SotaTek Japanは良い選択となるでしょう。SotaTekは、ベトナム、オーストラリア、アメリカ、日本に8つのグローバルオフィスを持つSDaaSのリーディングカンパニーとして、6年以上にわたり、様々な分野の世界中のお客様にモバイルアプリ開発サービスを提供してきました。私たちの600人以上の専任チームは、最先端の技術、プラットフォーム、プログラミング言語を常に更新し、それぞれの適格なソフトウェア開発プロジェクトを確実に構築することを目的としています。今すぐお問い合わせください。専用デザインモバイルアプリの制作をお手伝いし、アプリのローンチを成功させることも保証します。

       NEWS一覧に戻る