システム開発

SISTEM DEVELOPMENT

業務フロー

FLOW

Webサイト構築、スマホアプリ開発や業務システム開発など、業種を問わず多種多様なシステム開発に対応できます。お客様の様々なニーズに柔軟に対応し、スピーディかつ低コストでのご提案が可能です。

対応者:

  • 営業
  • プロジェクトマネージャー
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • 顧客
  • STEP.01

    「こういうものが欲しい」「こういう課題がある」

    お客様の「こういうものが欲しい」「こういう課題がある」という相談から始めます。
  • STEP.02

    具体的なニーズのヒアリング

    システム化する業務の内容について打合せを行います。システムへの要求事項、同業他社システムの動向、運用開始時期や開発予算、開発組織などを確認します。
  • STEP.03

    システムの企画・提案・概算お見積

    お客様の課題を解決するシステム企画案(システム化方式、開発概算費用、開発時期、開発体制等々)及び費用対効果も含めてのご提案を行います。また、お客様としっかり話し合いを重ねることにより、提案内容・見積り内容の細部まで固めていきます。
  • STEP.04

    お見積・契約

    詳細見積(開発費用、開発期間、品質目標、納期等々)を提示し、お客様の承諾をいただいたうえで契約書を締結します。
  • STEP.05

    要件定義

    システム化する業務、システムが備えておくべき機能や性能の詳細を定義します。
  • STEP.06

    設計(基本設計、パッケージ設計、プログラム設計)

    要件定義を基に、入出力(画面、帳票、データベース等)処理方法、テスト方法、セキュリティ確保の方法、運用方法等のシステム全体を設計します。システムの機能を段階的に小さな機能(システム⇒サブシステム⇒プログラム)に分割、整理し設計を進めていきます。
  • STEP.07

    プログラム開発・テスト(単体テスト、統合テスト、システムテスト)

    プログラム設計書の内容のコード化を行います。またプログラム、サブシステムおよびシステム全体が設計書通りに稼働することを確認するテストを行います。(往路グラム単体のテスト、統合テスト、システムテスト)
  • STEP.08

    運用テスト

    お客様が実際に使用する実データに基づき、システムが要求通りに動作するかを検証します。
  • STEP.09

    納品・検収

    運用テストが無事終了し、本稼働に向け成果物(設計書、プログラム、運用マニュアル等)をお客様へ納品を行います。
  • STEP.10

    保守

    不具合・障害への対応やお客様の機能追加要望(有償)などに対応します。

開発体制

DEVELOPMENT SYSTEM

開発部

  • プロジェクト推進部

    開発体制の監督及び要員調整

  • 技術専門職

    開発リスクの監督及び技術支援

製造部

統括責任者

開発チーム

監督責任者プロジェクトマネージャー

開発責任者システムエンジニア
システムエンジニア
プログラマー

営業部

担当営業

契約の顧行状況の監督

  • 情報セキュリティ管理室

    情報のセキュリティの監督

  • 品質環境管理室

    品質検査

TYPE.01

ラボ型

お客様の指示に従い開発作業を実施します。
ここでは、変更を前提とした開発の進行が可能です。
適する案件
新規サービス開発・ 継続的な案件・デモアプリ・試作品開発など
費用
労働時間に対する対価が発生します。

TYPE.02

受託型

仕様書、設計書に従って開発作業を実施します。
仕様変更の際は、変更に伴う納期・費用の調整が必要です。
適する案件
明確な要件に対する開発・単発的な案件
費用
納品物に対して対価が発生します。

開発システム

DEVELOPMENT SYSTEM
  • モバイル/Webアプリ

  • 医療系ソフトウェア

  • システムインテグレーション

  • 業務系アプリ

  • ストリーミング配信サービス

  • AIシステム開発

  • ブロックチェーン

  • コマースソフトウェア

コミュニケーションツール

COMMUNICATION TOOL

チャットツール

プロジェクト管理ツール